Top >  生命保険とは >  生命保険と柱

生命保険と柱

ほとんどの人が加入しているものに「生命保険」があります。「生命保険」は事故や災害による経済的損失(負担)に備えるための保険制度でただなんとなく安心するために入っている人も多いようです。


「終身保険」「定期保険」「養老保険」の3つが柱になっています。ひとつめの「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。次に「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。最後の「養老保険」は、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。 「生命保険」は、もしもの時に契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることが出来ます。ですのであなたがもしもの時に備える一番身近な貯蓄でもあるのです。 たくさんあるプランをいくつも見比べてみて、保険料、払い込み期間、満期時の受け取り金額等、いろんな角度から検討してその中で自分に合った保険を契約し、貯蓄と同時に安心も手に入れたいですね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

生命保険とは

関連エントリー

生命保険 特約型 生命保険 掛け捨て型 生命保険の加入率 生命保険と貯蓄 生命保険と満期 生命保険とお守り 生命保険と理解度 生命保険と柱 生命保険と終身 生命保険と理解 生命保険と満期時 生命保険と払い込み期間 生命保険と内容 生命保険と掛け金 生命保険と満期時 生命保険と養老保険 生命保険と負担 生命保険と金額 生命保険と期間 生命保険と保険料 生命保険と契約 生命保険と検討 生命保険の比較 生命保険の契約の選び方 生命保険の受け取り 生命保険のプラン 生命保険の比較 生命保険の安心 生命保険と貯蓄 生命保険の種類